Daft Punk ダフト・パンク/ブログ

HOME > ブログ > ブログ > Daft Punk ダフト・パンク

Daft Punk ダフト・パンク

Daft Punkのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像2014年のグラミー賞(アメリカの音楽界で最高の栄誉とされる賞)で、最優秀レコード賞, 最優秀アルバム賞を含め ノミネートされた5部門すべてで受賞を果たしたDaft Punk(ダフト・パンク)はフランス人の2人グループ。
彼らはデビュー以来20年、常にフルマスクを被るロボット姿。
ヘルメットを含め 全身白い衣装のロボット達は 授賞式でも(ロボットですから)当然一言も発しませんでした。

面白い記事がLe Nouvel Observateurにありました。 
≪Daft Punk aux Grammy Awards : les USA adorent les Français quand ils ferment leur gueule≫

Stevie Wonderスティーヴィー・ワンダーを加えた“Get Lucky”は会場を揺らしました。この時もロボット達はガラスの向こう側で無言のパフォーマンス。
意地悪な言い方をすれば アメリカ人は(アカデミー賞をとった無声映画“アーテイスト”と並んで)口を閉じたフランス人が大好きなのだろう。

les robots n’apparaissent qu’au bout de 2’20, coincés derrière une vitre, comme coupés du reste du groupe. Guy-Man et Thomas sont en costume blanc avec casques assortis, ils tapotent des boutons sur des machines qui ressemblent à des jouets. Crédible comme la VF d’un film de kung-fu. Aucune importance, car les robots ne sont que les accessoires muets d’une chanson monstre qu’ils ont créé et qui les dépasse.
Si on voulait être méchant, on ferait un parallèle avec le succès du film hommage au cinéma muet "The Artist" : les Américains adorent les Français quand ils ferment leur gueule.DAFT PUNK 2

 

 

< Vitrines de Noël  |  一覧へ戻る  |  Poule au Pot >

このページのトップへ

francespace_campaign_bar_5.gif

francespace_fb_bar.gif