2012年11月/ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2012年11月

2012年11月

Marron 栗

秋も深まって マロニエの並木も色付いてきたようです。

marronier(マロニエ)の実はmarron(マロン).

でもマロニエの実のマロン(le marron d'Indeインドのマロン)は食べられないのだそうです。

marronier の実.jpg

 

 

 

 

 

 

 

Le marron est une châtaigne, fruit comestible du châtaignier : le fruit est gros, rond (un seul fruit s'est développé par bogue) et non cloisonné.

食べられるマロンはchâtaignierの実でchâtaigneのひとつ。実が丸くて大きく 境の皮がないのがマロン。イガの中にいくつか隔てられて実が入っているのがシャテーニュ。 

日本の栗はシャテーニュですね。

CHATAIGNE.jpg

 

 

 

 

 

 

 

la châtaigne fut longtemps la base de l'alimentation humaine dans des régions entières. On appelait, d'ailleurs, le châtaignier « l'arbre à pain »

ヨーロッパでは 栗は古くから食べられていて パンの木と呼ばれていたそうです。

日本でも栗の木は縄文時代から栽培され 人々の貴重なエネルギー源だったようだと書かれています。

En Europe, les châtaignes font traditionnellement partie de certains plats de Noël et du Nouvel An. Bouillies, elles accompagnent des plats de viande, dont la célèbre dinde aux marrons.

ヨーロッパではクリスマスや新年の伝統的な料理, <七面鳥の栗詰め>などに使われます。 日本ではお正月の料理に使われるところも似ています。

CF_138_240x360.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスのスーパーのレジの横によくおいてあるこのチューブ マロンのクリーム。

tube.jpgcreme de marron boite.jpg

 

La crème de marrons est une crème inventée par l'industriel Clément Faugier qui cherchait à récupérer les brisures de marrons créées accidentellement lors de la production des marrons glacés.

マロングラッセを作る時に出る割れてしまった栗を使って出来たのが栗のクリーム。

チューブ入りは ものすごく甘かったと記憶しています。

 

 

 

 

« 2012年10月 | メインページ | アーカイブ | 2012年12月 »

このページのトップへ

francespace_campaign_bar_5.gif

francespace_fb_bar.gif