2012年8月/ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 2012年8月

2012年8月

Le chant des cigales 蝉の歌声

何年か前のこと。パリ生まれのAndéa 「夜 誰かが強力な殺虫剤を撒いたらしく 今朝 公園で白い虫がごろごろ死んでいた!」 

よく聞いてみたら蝉のことらしい。

セミは南フランスにしかいないので パリ生まれの彼女はセミの死骸を見たことがなかったのです。

(本当は北ヨーロッパにもいるらしいが 鳴き声が小さくて聞こえないのか セミに対する文化がないと書いてある) 

広告に <La cigale, le symbole de la Provence> などと 書いてあるように

セミは南フランスのシンボルなのです。 

南フランスのお年寄りの家にはよく 陶器の蝉が台所などに飾ってあります。

北海道の木彫りの熊みたいなものでしょうか。

cigale deco.jpg

 

 

 

 

 

 

南フランス 蝉 ⇒ Vacances d'été  夏休み の方程式のように 蝉はあこがれでもあるらしい。

you tube にも le chant des cigales 蝉の歌声 が。

05 - PROVENCE : Cigales, Lavandes, Vignes et Tournesols

コメント欄を読むと 蝉の歌声を聞くのを夢見てる人もいるよう。

  je rêve d'entendre ça l'été prochain!!!  来夏 この声を聴くのを夢見ている!!!

  Mon dieu que c'est agréable!! なんと快いのでしょう!!

  J'imagine déjà la scène, dans un hamac avec ce doux chant pendant la sieste!!!  

  この心地よい歌声と共にハンモックで昼寝をしているシーンを 今から想像してしまう!!!

日本の蝉よりソフトだから うるさく感じないのでしょうか・・・

 にほ

南フランスに行くと どのお土産屋さんにも蝉グッズがいっぱい。TOU-cigale-port.jpg 

TOU-cigale-port.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食器も蝉模様                          テーブルクロス                     

cigale vaiselle.pngnappe-ronde-provencale-cigales-et-olives-bordeau-sur-fond-jaune.jpg

 

 

 

 

 

 

アクセサリー                               石けん

cigale 指輪.jpgSavons Cigale.png

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家唯一のセミ 

120831_005248.jpg

 

芳香剤だったのですが 香らなくなった今も壁に止まっています。

 

 

 

 

 

次回は 南フランスの蝉 たくさん買って来ます。

images provancale.jpgcigale cadeau.jpgcigale cadeau 2.jpg

 

 

 

 

プロヴァンスの蝉は フランス語で crii crii crii と歌います。

 

 

Taboulé

タブレはレバノン料理。

レバノン風タブレは 大量のパセリに野菜 少量のboulghourboulghour(ブルガー小麦)を使ったサラダ。

taboule libanais.jpgここのところ暑い日が続いていたので タブレの出番。

我が家のタブレは クスクスを使って作ります。

大ボールがいっぱいになるくらい作ります。(2日分)

Taboulé

クスクスのほかに 玉ねぎ トマト キューリ パプリカ パセリ ミント レモン オリーブオイル。

(フランスのスーパーのお惣菜売り場で売っているタブレよりずっとたくさん野菜を入れます)。

imagesCAH6NIBW.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

火を使わないので 作る人にも優しい料理。

クスクスに 水かトマトジュースを加えて湿らせます。

そこに細かく切った野菜を入れて ミント パセリを散らし レモンを絞り オリーブオイルをたらして 塩コショウ。

よく混ぜ合わせておしまい。冷蔵庫で5~6時間。

私は たくさんミントを入れます。

次回は ミントをもっと買ってモヒートと一緒に食べてみます。

imagesCAKZRWSD.jpg

 

 

La pastèque et la paëlla

スイカとパエリア

 

夏休みでフランスから息子が帰省。

家族4人 全員が揃うのは1年ぶり。

その機会を利用して尾花沢のスイカを注文。

12kg強の巨大スイカが届きました。

suika.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫内の棚を上げてスイカ用のスペースを確保。

今年は夜中にオリンピックを見ながら 皆で冷めたくて甘いスイカを食べました。

IMG_5245.jpg

 

 

 

 

 

 

以前 息子に「あなたにとって母の味って何?」と訊いたら 「パエリア」と言われてびっくり。

息子がフランスに戻る前の日の夕食はパエリア。

なにしろ母の味と言われたものですから・・・ 

スペイン人の友人に きちんとメモをとることを条件に教えてもらったレシピ。

鳥肉 チョリッソ イカ アサリ エビ トマト パプリカ。

今日はムールが買えなかったので 黒い色がなくて残念。

東京でパエリアを作る時には大きなホットプレートで。

我が家の夏休み最後の食事でした。

パエリア1.jpg

Brochette de lotte アンコウのバーべ―キュー

 

南フランスの夏休み。

友達が来る日の とっておきのバーべキューメニュー。

5890799558_8f6eb3d96f.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝市に行ってアンコウを買います。

lotte生.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコウ(Baudroie, Lotte)の 骨をはずしてもらい

ベーコンとプチトマト, 新たまねぎ, パプリカを用意します。

家に着いたら アンコウを3cm位の角切りにし ベーコン、たまねぎ、パプリカも同じ大きさに切ります。

長めのバーべキュー用の串に アンコウ、玉ねぎ、ベーコン、パプリカを刺していき 最後にトマトをつけておしまい。

人数分が用意できたら 深めの器に串を置き Herbes de Provence プロバンスのハーブのミックスとオリーブオイルでマリネをします。

trois riz.bmp

 

 

 

 

 

 

 

 

炊飯器でTrois riz (黒米 赤米 白米を混ぜたもの) を炊き始めたら

男性陣が用意したバーベキューで マリネをしておいたアンコウを焼きます。

ba-bekyu.jpg

 

 

 

 

 

 

バーベキューは火をおこすところから 焼くところまで男性の仕事。女性は素材を用意するだけ。

salade de fruis.bmp

 

 

 

 

 

デザートはフルーツサラダをメロンに詰めて。

 

アンコウはフランスでも高い魚だけれど 日本よりはずっと安いし

アンコウをバーベキューで食べるって とても幸せな気分になります。 

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ

francespace_campaign_bar_5.gif

francespace_fb_bar.gif